潜在看護師

看護師資格を持っているにも関わらず、妊娠や出産・育児・介護など、何かしらの理由で離職し、現在看護師として働いていない人のことを潜在看護師といいます。看護師不足といわれる医療業界において、潜在看護師の臨床復帰への期待は高まっています。

看護師不足問題

高齢化が進む日本では、医療を必要とする人が増えており、それに伴い看護師不足が問題になっています。現在働いている看護師の離職を食い止め、育児や介護などで離職している潜在看護師の復帰を促進することが、看護師不足問題の解決には必要です。
しかし、看護師の離職理由は、出産や育児・介護等のライフスタイルの変化に伴うものだけではありません。職場の人間関係による精神的ストレス、残業の多さ、休みのとりにくさなども理由に挙げられるため、復帰促進は容易に進むものではないといえます。

新人看護師の離職理由

新人看護師の離職理由は、看護学校や看護大学で学んできた内容および卒業時の能力と、実際の医療現場で求められる実践力とのギャップによるものが大きいといわれています。初めての職場で初めての仕事をし、しかもそれは人の命に関わる仕事です。事故を起こすのではないかとの不安や、専門的な内容についていけない、看護師に向いていないのかもしれないなどの悩みが生じ、1年未満の早期に退職するケースが多く見られます。

復帰への不安

育児や介護が理由で離職した看護師の場合、子育てが一段落着いたら復帰しよう、介護の問題が解決したら復帰したい、と考えている人もいるでしょう。しかし、いざ職場復帰となると、様々な不安から復帰に踏み切れない人もいるようです。ブランクを経て復帰に向かうとなると、新しい医療機器に対応できるかどうか、身に付けたはずの知識や技術が思い出せるか等、心配は尽きません。

最近では、そのような不安を抱えた潜在看護師に対し、病院等の主催で、復職支援セミナーが行われることも増えてきました。看護の基礎となるバイタルサインや採血・注射・シリンジポンプの取り扱い・吸引等の技術面や、感染予防や心電図の解読などの知識面など、多岐に渡る内容が取り扱われます。セミナーによっては、実際の医療現場の見学ができる場合もあります。復帰前に研修を受けておくことで、働いていた当時の感覚を思い起こすきっかけとなり、また自信を取り戻すことができるため、スムーズに復帰へとつながることでしょう。

仕事が辛くて現場から離脱してしまう看護師も、いざとなったときには資格を生かして看護師に復帰できるよう、看護師転職サイトに登録しておくのが鉄板と言われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です